語彙力は視写によって鍛えられる⁉

 皆さんは語彙力をどのようにして鍛えていますか?

 例えば、「頑張る」という言葉の類語を調べると、「尽力」「献身」「精進」などが出てきます。1度調べるだけで、4つの単語の引き出しができる。これらを具体的に使用するシチュエーションに合わせて使っていきます。

 一つの出来事をきっかけにして、次々と関係することを覚えることは「芋づる式」と呼ばれ、語彙力を増やすために効率の良い方法と言われています。

 文章についても、一冊の本で出てきた言葉や考え方などを学ぶことで、「芋づる式」に語彙を増やすことが可能です。「芋づる式」のメリットは下記になります。

 1.研究の流れをたどりやすい:注目している文献の参考文献リストから関連書籍を遡って
                いくことで、研究の流れを追いやすくなります。

 2.文章の構造を理解する:視写をすることで、文章の構造を理解するのに効果的です。

 3.集中力がつく:具体的にやることがはっきりしているので集中力が身につきます。

 語彙力を増やすために適した本を見付けたいと思ったあなたにおすすめなのが、文章添削士協会考案のメルマガ教材「ポルタ(porta)」です。

 文章作成のプロである文章添削士が厳選した文章が毎日少しずつ送られてきます。あらゆるジャンルにわたる論理的な内容の本を掲載しているので、未知の分野にも触れることができます。そして、年間52本の書籍と出会うことができることため、あなたが持つ知識の「引き出し」が増え、柔軟な発想を育む手助けになることでしょう。

 あなたもメルマガ教材「ポルタ(porta)」を使って、語彙力を増やしませんか?

まずは無料サンプルを購読してみてください!

↓こちらからどうぞ↓

小論文メルマガ教材「ポルタ」

小論文メルマガ教材「ポルタ」|(一社)文章添削士協会 (tensakushi.or.jp)

(文章添削士協会blog班)

   

関連記事

  1. 『ガクチカで自分の経験を整理しよう』~【その1】採用担当者が何を欲しているか

  2. 【緊急企画】新卒の就職活動で採用者が注目するポイント3選!

  3. 子育ては誰のためにやるのかについて

  4. 文章力を上げるために観察力を磨こう

  5. 《プレゼンを磨くコツは身近なところに》

  6. 全集の索引を使い、漱石が何故文章を好むようになったかを知る。