常識を疑って小論文を書くとは何か?

「大事なことは、君の頭の中に巣くっている常識という理性を綺麗さっぱり捨てることだ。尤もらしい考えの中に新しい問題の解決の糸口はない。」

これは発明王エジソンが遺した言葉です。

常識とは、家族や学校など環境によってそれが「当たり前」だと思って自らのフィルターを通さずそのまま受け入れてしまうことです。

しかし、これでは横並びの思考ができあがっていくだけで新しい発想が生まれにくくなります。

では、常識を疑うという視点からどのようにして小論文を書いていくかについて説明します。

1. 常識を疑うという視点から視写を行うとはどういうことですか?

常識を疑うという視点から視写を行うとは、普段何気なく受け入れている「常識」を疑問視し、新たな視点で物事を見ることを意味します。視写を通じて、自分自身の視点を広げ、新たな視点から物事を見ることができます。

2. 常識を疑う視点を持つことのメリットとは何ですか?

常識を疑う視点を持つことのメリットは、新たな視点から物事を見ることで、新たな発見をすることができます。また、常識を疑うことで、自分自身の思考を深め、より深い理解を得ることができます。

3. 視写を活用することでどのような常識が疑えますか?

様々なジャンルの本を読み、視写することで様々な常識を疑うことができます。例えば、普段何気なく受け入れている社会の常識、文化の常識、科学の常識などがあります。

4. 視写を活用して常識を疑う小論文を書く際のポイントは何ですか?

視写をすることで常識を疑う小論文を書く際のポイントは、まず自分自身がその常識を深く理解していること、そしてその常識を疑う新たな視点を持つことです。また、その視点を言葉で具体的に表現することが重要です。

以上、視写を有効活用して常識を疑う小論文の書き方とその効果について説明しました。様々なジャンルの本を読み、視写をすることで自分自身の視点を広げ、新たな発見をしてみてください。

文章を上達させるために自分が視写できるお手本が欲しい、あるいはお手本を使って文章力を身に付けたい、そこのあなたにおすすめなのが、文章添削士協会考案のメルマガ教材「ポルタ(Porta)」です。

文章作成のプロである文章添削士が厳選した文章が毎日少しずつ送られてきます。あらゆるジャンルにわたる論理的な内容の本を掲載しているので、未知の分野にも触れることができます。そして、年間52本の書籍と出会うことができることため、あなたが持つ知識の「引き出し」が増え、柔軟な発想を育む手助けになることでしょう。

あなたもメルマガ教材「ポルタ(Porta)」を使って、文章力を磨きませんか?

まずは無料サンプルを購読してみてください!

↓こちらからどうぞ↓

小論文メルマガ教材「ポルタ」

小論文メルマガ教材「ポルタ」|(一社)文章添削士協会 (tensakushi.or.jp)

(文章添削士協会blog班)

   

関連記事

  1. 【儀式と伝統行事の伝承】

  2. 【11月の歳時記】

  3. 【寺田隆人】私が文章添削士になった理由

  4. 【5月の歳時記】

  5. 絵心のない私がギャラリーに通って学んできたこと【前編】

  6. 思考力を鍛える具体的な方法とは?