「ガクチカ」はお見合い写真⁉

「お見合い写真」

と聞いて今このブログを読んでいる方はどんなイメージを持っていますか?

 自分で撮影するよりも専門家に撮影してもらう
 髪型を決める(美容室などに行って自分に合うヘアスタイルにする)
 撮影の角度を決める(顔の右側から撮影?左側から撮影?)
 服装を選ぶ(スーツ・ネクタイなど)
 エステに通う
 スポーツジムに通う
 など

写真を撮る前にこれからお見合いをする(であろう)人に自分自身が
どのように見られるかをイメージしながらカメラの前に臨まれると思います。

人生のパートナーを見つけるための「お見合い」であれば、その人の服装や身だしなみから、その人を知るために仕事の内容や趣味などを聞いて自分に合う人(交際する)かどうかを判断していきます。

同じように採用担当者(面接官)もまた、面接では「この会社の社風に合うか」「この会社で活躍できるか」などを知るために応募者とのお見合い(面接)で実際に話をしていきます。

その中で、採用担当者が応募者を知るための資料となるのが「ガクチカ」です。

では「ガクチカ」とはどのような書類なのでしょうか。

「学生時代に力を入れたこと」の略で、中途採用のように仕事での成果やエピソードを聞くことができない代わりに学業・サークルなど学生生活における成果や、成果に至った要因、エピソードなどを聞く質問としてよく使われています。

「ガクチカ」でのエピソードから、「どんな役割か?」「課題は?」
「課題をクリアするため実践したことは?」「結果、得たものは?」など、事実ベースで質問して深堀りすることで、学生の本質や行動特性の見極めを行っていきます。
エピソードについては「嘘」を並べたところで、面接ではその「嘘」がバレますし、最終面接や採用まで至らず、即「不採用」となるでしょう。

そういう意味で「ガクチカ」は、採用面接という企業との「お見合い」の場に辿り着くために重要なアイテムであると言えます。

次回からは、実際に「ガクチカ」を書く上で気を付けていくことなどについて綴っていきますので、皆さんの就活への何らかのヒントになれば嬉しいです。

*****添削堂.com作文コラム*****

『ガクチカで自分の経験を整理しよう』~【その1】採用担当者が何を欲しているかを考える | 添削堂.com (tensakudo.com)
『ガクチカで自分の経験を整理しよう』~【その2】自分の何をアピールするかを考えよう | 添削堂.com (tensakudo.com)
エントリーシートで伝える!自己PR | 添削堂.com (tensakudo.com)

(文章添削士協会キャンペーン運営チーム)

関連記事

  1. 夏の終わりに聴きたい曲~「少年時代」井上陽水~

  2. 【儀式と伝統行事の伝承】

  3. 志望理由書を書くための4ステップ【前編】

  4. 袖振り合うも他生の縁

  5. 『夢は諦めずに努力をし続けたら叶う』~自己紹介~

  6. 子育ては誰のためにやるのかについて

最近のコメント