【幸 宏】自己紹介

みなさん、こんにちは。

幸宏(こう ひろむ)と申します。苗字は幸福の「幸」、名前は「宏大」の「宏」です。1960年北九州市に生まれました。今は三重県四日市市に住んでいます。

さて、みなさんはどのような文章の添削・リライトをお望みでしょうか。

◇昇進昇格のための小論文対策をしたい

◇転職に必要な「自己PR」、「志望動機」を作成したい

わたしはこのようなかたをサポートさせていただきます。社会経験・人生経験が豊富で、論理的に多面的に文章を構成する能力が高いからです。

続いて問答式に自己紹介をします。どうぞ最後までお付き合いください。

問1:幸宏がこれまでに達成したことは何?
その中で一番誇りに思うことは何?

答)30年の歳月をかけ、資産目標を達成しました。もともとマネーに興味があり、ファイナンシャル・プランナーの資格を30代で取得しました。浪費せず、倹約しながら、余裕資金をコツコツ投資にまわしました。誇れることは自己制御力、計画的実行力と金融リテラシーの高さです。

問2:幸宏が得意なことは何?それを活かせる仕事は何?

答)わたしの得意なことは意思伝達です。

中学の国語の先生に「幸宏君はユニークな作文を書くね」と、職場の上司から「あなたのプレゼンはわかりやすい」、そして退職後参禅していた禅寺の師からは「幸宏さん、布教士にならんかね。話題が豊富でおもしろい」と評価されました。わかりやすさはもちろん相手が「クスッ」と笑うように工夫をしています。

現在は日本語教師をしています。学習者からは「素晴らしい先生」と言われています。理由を聞いたら、「先生はいつも私たちのことを『素晴らしい』と言うから」とのことでした。マナーが悪い学習者には猛烈に怒るものの、普段は温和にニコニコしながら授業を楽しんでいます。

日本語教師はわたしの天職です。語学が好きで、コミュニケーション能力があり、そして学習者に喜ばれるからです。

問3:幸宏の性格はどんな感じ?
自分が大切にしている価値観は何?

答)性格は誠実であり、歳をとるごとに好奇心は増強されています。

嘘をつかず、主張すべきことはしっかり主張します。自分が間違ったと認識した際には素直に謝ります。

わからないこと、聞いたことがないことはまめに調べています。インターネット検索だけでなく、図書館の蔵書にもあたります。意外な事実、知識にふれる喜びは格別です。

大切にしている価値観は「自己肯定感を高く保てば人生は楽しくなる」です。ありのままでいい、背伸びは少しだけでいい、他人と比べるな、過去の自分と比べろ、今日も楽しい仕事ができて幸せなどの呪文を唱えています。そして「わはっは体操」。理由はなくともとにかく笑います。

問4:今後、幸宏が取り組みたいことや、実現したい夢は何?

答)自己を売る業に取り組みたいです。

会社員時代は会社から給料をいただきました。今後はサラリーマン脳から脱却します。直接お客様と関わりこれまで培ったスキル・能力を活用し、対価を得たいと考えています。これを達成し今まで見ていた光景をガラッと変えることを夢見ています。

まずは、硬い文章添削と軽妙なタッチのブログ作成から始めます。どちらもわたしの強みを発揮できる分野です。

ここまで読んでいただけたのも何かの縁です。文章に関するお仕事があれば、全力でサポートさせていただきます。

<参考>

【学歴】

・三重県立四日市高等学校卒業

・東北大学農学部卒業

・東北大学農学研究科前期課程修了

【経歴】

・キリンビール株式会社にて26年勤務(生産管理、品質保証を担当、中華人民共和国駐在2年)、50歳で早期退職

・京都府宇治の禅寺で1000日間参禅

・タイ・チェンマイに3年移住

・タイ・チェンマイ大学語学学院タイ語2年コース修了

・現在非常勤日本語教師

幸 宏(こう ひろむ) | 添削堂.com (tensakudo.com)

   

関連記事

  1. 私が出会った一冊の本~『感情は「5秒」で整えられる』~

  2. 絵心のない私がギャラリーに通って学んできたこと【後編】

  3. コミュニケーション能力を頼りに旅する台湾

  4. 【満員御礼】【受付終了】受験生応援キャンペーン「志望理由書」添削受付終了まで【残り10日】アドミッションポリシーを踏まえて対策を

  5. 【勤労感謝の日とは?】

  6. 【涼味愛滋郎】私の文章修行法