文章はTTPで覚えよう!

「人の真似をするのはダメ」

子どもの頃に親や先生からそのようなことを言われた方が多いかと思います。

実際、私もそのように親から言われて「オリジナリティ」にこだわっていた時期がありました。

しかし、社会人になって最初に入った会社で、システム部門に実習という形で所属元から異動したことで人の真似をすることに対する意識が変わりました。

実習では、プログラム言語を学ぶことでそれまで実務でやってきたことをシステム開発に活かすということが目的でした。

研修期間では、先輩社員からプログラムについての考え方についてのレクチャーや、練習課題を与えられて、それを解くことでプログラム言語を学んでいきます。しかし、研修期間が終わっていざ実務に入ると、今までのシステムを改修する、あるいは似たようなプログラムをコピーするところから始めて、途中で手を加える形で現場で使えるためのシステムとして構成していくことの方が多かったのです。

もちろん、日々の実務に追われている時は「時間との勝負」です。オリジナリティにこだわっている余裕はありません。プログラムを改修する、または新たに作り出すためには「過去にあったシステムの真似をする」ところから入って、実務での目的(作業効率?入力内容省略?)に合わせて修正することで現場で使えるシステムとして完成させていく必要があるからです。

文章にも同じことが言えます。

まずは、過去に発表された本の文章を真似をする(できれば視写をする)ことから始まります。そして、目的に沿って数をこなしていくことで徐々に文章のパターンを掴むことができます。結果として「自分のオリジナリティな文章」となり、相手に伝わる文章を書くことができるという目的を達成することができるのです。

文章を上達させるためにお手本が欲しい、あるいはお手本を使って文章力を身に付けたい、そこのあなたにおすすめなのが、文章添削士協会考案のメルマガ教材「ポルタ(porta)」です。

文章作成のプロである文章添削士が厳選した文章が毎日少しずつ送られてきます。あらゆるジャンルにわたる論理的な内容の本を掲載しているので、未知の分野にも触れることができます。そして、年間52本の書籍と出会うことができることため、あなたが持つ知識の「引き出し」が増え、柔軟な発想を育む手助けになることでしょう。

まずは無料サンプルを購読してみてください!

↓こちらからどうぞ↓

小論文メルマガ教材「ポルタ」

小論文メルマガ教材「ポルタ」|(一社)文章添削士協会 (tensakushi.or.jp)

(文章添削士協会blog班)

   

関連記事

  1. 「ポルタ」を使い倒して”小論文”で合格を勝ち取ろう!

  2. 「断捨離」とリライト

  3. 学ぶとは、変身すること -千葉雅也『勉強の哲学』

  4. 身構えるな、生活に組み込め -いしかわゆき『書く習慣』

  5. 12月の歳時記

  6. 【良著紹介】藁を手に旅に出よう(荒木博行さん)を読んで。