自分の文章力を高めるためにはお手本となる「名文」と出会うこと

 あなたにとって理想の文章とはどのようなイメージでしょうか?

 「読みやすい文章」、「説得力のある文章」など、「こんな風に書きたい」と思い描く文章は十人十色でしょう。

 「こんな風に文章を書きたい」と思う作家と出会い、本を読みまくることは、自分の「理想どおり」の文章を書くためには大切なことです。自分が心惹かれる魅力的な「名文」と出会い、それを取り込むことで、自らが文章を書く際の「お手本」を身体に入れましょう。

 ただ、世の中にはさまざまな本や文章が溢れていて、どこから読んだら良いか分からない方もいるかと思います。

 私も、本屋に行っていざ「本を買うぞ!」、図書館に行って「本を借りるぞ!」と思ってはみたものの、数多く並ぶ本棚から数冊気になったタイトルの本を手に取っては戻してを繰り返すだけの日があります…。



 お目当ての本が決まっていたら選ぶのは簡単ですが、日頃から読書に慣れていないと数多くの候補から本を選ぶのはかなり大変です。また、本選びに迷ってしまって、読む時間がなくなってしまうこともあるかもしれません。

 そんなあなたにおすすめなのが、文章添削士協会考案のメルマガ教材「ポルタ(porta)」です。

 文章作成のプロである文章添削士が厳選した文章が毎日少しずつ送られてきて、さまざまな文章を読むことができます。明快で論理的な文章が送られてくるため、自分で本選びをする必要がありません!

 そして、長文が苦手な方でも問題ありません。丸ごと1冊ではなく、本の核となる一節を厳選し、毎日少しずつお送りするため、通学途中などの隙間時間に読むことができます。

 年間52本の書籍と出会うことができることため、いつの間にか文章を読むことが習慣化することでしょう。

 あらゆるジャンルにわたる論理的な内容の本を掲載しているので、未知の分野にも触れることができ、ご自身に合った本や「名文」と出会えるチャンスが高まります。「これだ!」と思える本と出会えたら、その本を手に取って読んでみてください。(メルマガ本文中から購入することもできます)

まずは無料サンプルを購読してみてください!

↓こちらからどうぞ↓

小論文メルマガ教材「ポルタ」

小論文メルマガ教材「ポルタ」|(一社)文章添削士協会 (tensakushi.or.jp)


(文章添削士協会blog班)

   

関連記事

  1. 文章を鍛えるって何だろう…。

  2. 【後編】「伝える」と「伝わる」の違いとは~文章編~

  3. 誰が為に…≪小論文もビジネスもプライベートも≫【前編】

  4. 【3月27日】さくらの日

  5. 袖振り合うも他生の縁

  6. ハロウィンの起源と日本の行事