心の声を聴け、言葉に頼るな-櫻坂46「無言の宇宙」

「そのコのどこが好きなの?」

 いや、そんなこと聞かれましても。性格? 外見? 馴れ初め? どれも言葉にするとありきたりだなあ。好きなんだから、好きなの。え、答えになっていない? 困ったなあ。

 その「コ」は自分が好きな「もの・こと」、あるいは「推し」に置き換えてもいい。好きの理由は、言葉にしにくい。言葉にできないのは、語彙が少ないからか。それとも、愛が足りないからか。

 大丈夫、言葉にできなくたっていい。むしろ、言葉にしないほうがいい。好きの理由に口ごもる私たちを、そう励ましてくれる歌がある。その名も「無言の宇宙」(※1)だ。

 この曲の歌詞には、かなり多くの言葉が詰め込まれている。

愛を少しでも語り始めてしまったら

「愛してる」その真剣な気持ちは

心から漏れていくものだ

知らぬうち熱が逃げちゃうように

もうお互いに感じなくなる

客観的になってものを見るからだろう?

大切なものがなぜ大切なのか

考えたって何になる?

僕は君を理由なく好きだ

引用元:「無言の宇宙」櫻坂46

 この1節で、ようやくサビ1回分である。歌っているというよりも、伝えたいことを何とか理解してもらおうと、言葉を尽くして語りかけているように聞こえる。そのこと自体が言葉の限界を示している。歌としての体裁を保てる程度に言葉を詰め込んでも、「愛」の何たるかを説明しきることはできない。

 しかし、それでいい。

愛を少しでも語り始めてしまったら
「愛してる」その真剣な気持ちは
心から漏れていくものだ

引用元:「無言の宇宙」櫻坂46

 何かを語るということは、相手に伝わるように語句やその並べ方を考え発信することである。自分の内側にある主観的なものを他者に語る。その時点で、愛は自分の外側に出た、客観的なものになってしまう。どこまでも主観的な、言葉にならないもののまま、自分の心に留めておくべきこともある。

静寂は美しい

音が消えた世界は

愛の脈が打ち続ける鼓動が響く

瞼を閉じろ!

引用元:「無言の宇宙」櫻坂46

 言葉にすることで失われるもの。言葉にしないことで生まれるもの。
 その両方があることを、「無言の宇宙」は私たちに教えてくれる。

(小陳泰平)


(注)
(※1)櫻坂46「無言の宇宙」(SONY Music Labels、2021年)。
作詞:秋元康 作曲:barbora, TomoLow 編曲:TomoLow 歌:櫻坂46

関連記事

  1. 誰が為に…≪小論文もビジネスもプライベートも≫【後編】

  2. ガクチカって?

  3. 日本語業を生業に

  4. image

    11月11日といえば〇〇の日~今年を振り返って~

  5. エントリーシートで伝える!自己PR

  6. 『ガクチカで自分の経験を整理しよう』~【その1】採用担当者が何を欲しているか

最近のコメント