耳に心地よい文章にするには?

あなたにとって「耳に心地よい文章」とは何でしょうか?

それは、スムーズに読むことができて読者にとって負担が少ない文章です。

では、耳に心地よい文章を書くために必要なこととは何でしょうか?

具体的な内容を下記します。

1.読み手にとって理解しやすい文章で書く

2.読み手が容易に理解できるような具体的で明確な表現を選ぶ

3.文章全体の流れや文と文の繋がりをスムーズに保つために意味のある段落や適切な言葉を使用する

4.文章全体の文脈を考慮し、前提条件や関連する背景情報を適切に提供することで、読み手が理解しやすい文章にする

「えっ、こんなにあるの?」

とお思いの方も多いかと思いますが、自分でチェックできる方法があります。

それは、自分で書いた文章を提出(公開)する前に音読することです。
音読することでスラスラ読めるようであれば、まずは目的を達成していると言えます。

まずは、良いお手本となる文章に触れることから始めてみましょう。視写をするだけでなく「音読」をすることで、その文章の持つリズムを身に付けることができます。

次に、自分で書いた文章を声に出して読んでみましょう。
もし、途中で息が切れるようであれば、それは一文が長過ぎるのかもしれません。声に出すことで、同じ言葉の繰り返しに気付くことができます。

文章を上達させるためにお手本が欲しい、あるいはお手本を使って文章力を身に付けたい、そこのあなたにおすすめなのが、文章添削士協会考案のメルマガ教材「ポルタ(porta)」です。

文章作成のプロである文章添削士が厳選した文章が毎日少しずつ送られてきます。あらゆるジャンルにわたる論理的な内容の本を掲載しているので、未知の分野にも触れることができます。そして、年間52本の書籍と出会うことができることため、あなたが持つ知識の「引き出し」が増え、柔軟な発想を育む手助けになることでしょう。

まずは無料サンプルを購読してみてください!

↓こちらからどうぞ↓

小論文メルマガ教材「ポルタ」

小論文メルマガ教材「ポルタ」|(一社)文章添削士協会 (tensakushi.or.jp)

(文章添削士協会blog班)

   

関連記事

  1. 【トニーヤマコ】私が文章添削士になった理由

  2. 【山西葉月】私が文章添削士になった理由

  3. 【杉山有紀子】自己紹介

  4. image

    11月11日といえば〇〇の日~今年を振り返って~

  5. 【7月の歳時記Ⅱ】~現代にも受け継がれている江戸時代のマーケティング戦略『土用の丑』作戦~

  6. 【杉山有紀子】私が文章添削士になった理由