メルマガ教材「ポルタ(porta)」のご紹介

 小論文の勉強方法を教えてください。
 また、知識を蓄えるには何をしたら良いですか?

 小論文の勉強方法や課題への対応にお悩みの皆さん!
 小論文は与えられたテーマに対して自分の意見を論理的に示した文章のことであり、自分の意見を自由に書くことができる作文とは勉強方法が異なります。

 作文を書くのが苦手だという皆さん。
 小論文はトレーニングをすることで上達することができます!

 小論文は感性で書けばいいや

 一方で作文を書くのが得意だと思っている方は、特に勉強をしなくても書くことができると小論文対策をしていないのではないでしょうか?

 そもそも小論文が作文とは違うのは、与えられた時間の内で自分の考えをまとめて文章にすることが求められているのです。

 まずは「過去問」を解くことでその大学の出題傾向と時間感覚を学ぶことができます。そして、出題傾向を把握した上で日々出題傾向に合った内容についてメディアや本などで得た知識を「インプット」し、実際に文章を書く「アウトプット」を同時に行います。そうしていくことで自分の頭と身体に感覚を染み込ませていきます。

「インプット」と「アウトプット」を同時に学習できる教材はあるのでしょうか?

 そんなあなたにお薦めするのが「インプット」と「アウトプット」を同時にできる小論文メルマガ教材「ポルタ(porta)」です。

   小論文メルマガ教材「ポルタ」|(一社)文章添削士協会 (tensakushi.or.jp)

 1ヶ月500円から購読できます。(1日あたり約17円)
 年間だと4,800円で購読可能です。

 まずは、月曜日から金曜日までの5日間で1テーマ文章が届きます。
 それをまずは音読した上で原稿用紙に視写しましょう。

 視写を行うことで、文章の型を身に付けることができます。さらに、土曜日のダイジェスト版で復習し、日曜日には小論文の「お題(課題)」が出ます。実際に課題を解くことで文章を書くトレーニングになります。

 また、書いた答案は、当協会員が作成した複数の解答例と見比べた上で復習することが可能です。さらに添削を受けたいと思われた方は添削堂に登録されている文章添削士からの指導を受けることで文章のブラッシュアップにもなります。

 小論文メルマガ教材「ポルタ(porta)」では、お題に答えるアウトプットだけでなく、年間約10万文字以上の本文や豆知識、さらに参考図書のリンクが送られてきます。さらに「小論文に役立つ豆知識」などを読むことで知識をインプットできます。

 あなたも小論文メルマガ教材「ポルタ(porta)」を使って学んでみませんか?
 興味を持たれた方は是非こちらをご覧ください。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

小論文メルマガ教材「ポルタ」


小論文メルマガ教材「ポルタ」|(一社)文章添削士協会 (tensakushi.or.jp)

(文章添削協会blog班)

   

関連記事

  1. 3月の歳時記

  2. 【真似ることに 学びの一歩目がある】

  3. 身構えるな、生活に組み込め -いしかわゆき『書く習慣』

  4. 読め読め読め!から学んだ私の文章修行時代

  5. 【儀式と伝統行事の伝承】

  6. 自分の文章力を高めるためにはお手本となる「名文」と出会うこと