『夢は諦めずに努力をし続けたら叶う』~自己紹介~

はじめまして。
相澤静(あいざわしず)と申します。

子供の頃、テレビで見た女性アナウンサーに憧れて
「アナウンサーになりたい」
という夢を持ちました。そして、その夢を26歳のときに叶えました。

とは言っても、決して順風満帆だったわけではありません。

「局アナ」になるためには「4年制大学を卒業見込み」でないと採用試験が受けられなかったのですが、なんと大学受験に失敗しました。(1度目の挫折です)

1年間浪人をして、東京の4年制大学に入学、大学時代は大手のアナウンススクールに通い、アナウンサーになる夢を追いかけました。

しかし、大学3年生のときから始まった局アナ採用試験は思っていた以上に厳しく、大学を卒業するまでに放送局に内定をいただくことはできませんでした。(2度目の挫折です)

放送局の規模にもよりますが、局アナ採用試験の倍率は何十倍~何千倍、採用人数は基本的に1局1名です。

子供の頃から思い描いていた「アナウンサー」の夢を諦めることができず、大学卒業後も、フリーターとして働きながら日本全国の局アナ採用試験を受けました。

北は北海道から南は沖縄まで、民放もNHKもテレビ局もラジオ局も、ありとあらゆる局アナ採用試験を受けました。

何度も書類審査で不合格になり、やっと書類審査が通過して現地まで面接を受けに行ったのにも関わらず不合格。何度も何度も不合格になり、たくさん悔しい思いをしました。

それでも「アナウンサー」以外の仕事をしている自分の姿が想像できず
「アナウンサーになれるまで受け続けよう!」
と思い、試験を受け続けました。

そして、大学3年生のときから始まった局アナ採用試験をのべ500以上受け、26歳のときにNHK室蘭放送局のキャスターに内定しました。

この経験から「夢は諦めずに努力をし続けたら叶う」がモットーです。

現在は、自身の4年間の局アナ採用試験の経験を活かし「相澤静アナウンススクール」を経営しています。
オンラインの完全マンツーマンレッスンで、日本全国のアナウンサー希望者の支援をしています。日本全国の民放、NHKにアナウンサーを輩出し、合格率は90%を誇っています。

また、企業の社員研修や講演の講師として
「コミュニケーション」「ビジネスマナー」「接遇マナー」を教えています。

自分自身がプレーヤーとしてアナウンサーやキャスターの仕事をするよりも、人に教える「指導者」としての仕事のほうが楽しく、やりがいを持っています。

これから、どうぞよろしくお願いいたします。

(相澤 静)

▼▼「志望理由書」添削編 実施中!!▼▼

関連記事

  1. 子育ては誰のためにやるのかについて

  2. 【満員御礼】【受付終了】就職応援キャンペーン「ガクチカ」添削受付終了まで【残り10日】!

  3. あの虹を渡って~ワールドカップ体験記【第二部】

  4. 志望理由書を書くための4ステップ【中編】

  5. おはよう靴下

  6. 誰が為に…≪小論文もビジネスもプライベートも≫【前編】

最近のコメント